軽登山用の服装は、軽くて丈夫な素材できめましょう

無料専門ガイドと一緒に、剣山を満喫しましょう 剣山ガイド付き周遊コース 剣山観光登山のご利用規約剣山観光登山サイトマップ
剣山を知り尽くした、ガイドが案内します剣山観光登山、無料ガイド付き周遊コース 剣山観光推進協議会
  トップページ >> 剣山の登山はこの服装

  • 頭・顔
    • 帽子・・・・・夏は熱射病予防、寒い時期は防寒対策として必須です。
    • サングラス・・夏場はあるといいです。
    • マフラー・・・寒い時期には必須です。タオルで代用できます。
  • 体・腕・手・杖
    • リュック・・・20〜35Lのリュックで大丈夫です。
    • 衣服・・・・・夏でも長袖がベスト、暑い時は下にTシャツなどを着ておく。
    • 手ほい・・・・袖が濡れずに腕を守れます。
    • 手袋・・・・・寒い時期には必須です。
    • ステッキ・・・専用でなくても、その辺の木や竹で代用できます。
  • 脚・靴
    • ズボン・・・・綿などの厚手の素材で、汗を吸い取るようなもの。
    • スパッツ・・・急な雨でも、靴の中に雨水が入るのを防いでくれます。
    • 靴・・・・・・トレッキングシューズなどでも大丈夫ですが、防水加工があれば尚良い。
    • アイゼン・・・必須ではありませんが、濡れた登山道を歩くのに役立ちます。小型のもので十分です。
  • 携行品
    • 雨具・・・・・ポンチョタイプより、上下分かれたレインウェアーがベスト。
    • 水筒・・・・・水筒でなくてもペットボトルでも代用可。
    • 着替え・・・・下着類はもちろん、上下衣服もあれば良い。
    • タオル・・・・数本用意しておく。
    • お菓子類・・・あまりかさばらないものが良い。ポテトチップス類は、かさばるのでお薦めしません。
    • 救急セット・・絆創膏や消毒液など。(救急セットはガイドが携行しています)
    • 防水スプレー・急な雨などのときに威力を発揮します。小型のもので十分
観光登山といえども、剣山山頂は1955mで2000m級の山となります。
見ノ越から標高差約600m、走行距離約6kmになりますので、それなりの装備が必要です。上に挙げた装備は一例ですので、ご自身が必要なものは携行するようにしましょう。
また、あきらかに登山に向かない服装の場合には、参加を御遠慮していただく場合もございます。

PR

バナー広告しませんか?



周遊コース日程表

2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
日程の予定はありません
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
日程日
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
日程日

トップページ  |   剣山登山と源流ツアーとは  |   ご利用規約  |   お申し込み  |   サイトマップ
春の新緑コース  |   夏の花だよりコース  |   秋の紅葉コース  |   剣山の登山はこの服装
個人情報保護方針  |   セキュリティー対策

Copyright (c) 2009 剣山観光推進協議会 All Right Reserved.